寝るのが一番の疲労回復

069990.jpg

こんにちは、よく寝てますか?砂糖次郎です。
日々、プロテインを飲んだり、アミノバイタルを飲んだり、サウナに入ったりとしていますが、そんなことをしないでも一番の疲労回復手段があります。

そう、寝ること!
寝る子は育つ!
一番お金がかからずにできる有効な回復手段かと思います。


自分は疲れたときには12時間ぐらい寝ますし、早朝起きて30km走やったあとも昼寝をしています。
早朝起きたんだから有効に活用しなきゃなんて言うランナーもいますが、追い込みすぎて体壊しても後悔するだけ。自分の体力と相談して練習したいですね。


例えばレース前に寝られないみたいな方も多くいるかと思われます。
でも大丈夫。
横たわっているだけで体力は回復しています。とにかくじっとして寝てましょう。
間違っても寝られないからって携帯をいじったり、本格的に起きて、なにか暇つぶしを初めてはいけません。


それと血糖値の問題で食事によって血糖値は上がりますが、食事後はその反動によって血糖値が下がります。
その血糖値が下がるときに眠くなるので、それを有効活用してもいいかもしれませんね。


自分はレース前は寝られますがレース後と山にいるときはあまり寝られません。
興奮が収まらないからだと思いますが、それでも体を横にしています。
気が付けばウトウトしてて、何時間も時間が経っていることもありますし、体力回復は感じられます。


ただ自分は腰がウィークポイントなので、腰の下にクッションを挟んで寝ます。
今日も熟睡です。それでは、みなさん、おやすみなさい。



にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村






この記事へのコメント

  • くじら

    はい、私もそう思います。
    私は寝ることだけは上手です。
    2017年01月27日 06:53
  • 砂糖次郎

    よく寝ていていいですね。
    適度に練習がいいですよね

    >くじらさん
    >
    >はい、私もそう思います。
    >私は寝ることだけは上手です。
    2017年01月27日 17:53

この記事へのトラックバック