レース:砕け散れ!板橋シティマラソン完走記

5EC03A60-E6E2-4AC1-8FA2-01B9330A59D3.jpeg

こんにちは、砂糖次郎です。
先日の日曜は板橋シティマラソンを走ってきました。

事前の記事通り、体調わるし、風邪気味ということでしたが、体温計で測ってみるの平熱。だからいつもどおり体の蓄積した疲労がきたんですね。このタイミングで!?ということではなく、いつだってレース間際だったので致し方ないとは思います。今回もレースを振り返ってみましょう。

朝は5時半に起床。ご飯を食べつつ、いつも飲まないウイダーinゼリーのゴールドやリボDを飲みます。東京と同じように準備をしますが、体調わるしなので、若干厚い靴下、ハーフタイツを履きます。これでどれぐらい足の寿命が延びるかは謎ですがやらないよりはやります。テーピングも勿論してます。

みんなとの集合は朝7時半に駅集合だったんですが、自分はかなり近いところに住んでいたので早めに出たら、そのまま早めに着いてしまい、会場に一足先に行くことにしました。

みんなと集まり、最終的な装備を装着して、荷物を預けて、トイレに並ぶともうスタート目前。アップする時間なかったなと思いつつ、別に今日はいらないかとも思います。

ほどなくスタート。今日のプランは体の声を聞いて今の自分で走れるベストで走ること。
スタート直後は渋滞してますが、ほどなく抜けたのかなキロ4分40秒ぐらいまであげることができました。ただ2キロ地点でもう20キロ走ったかのような疲れ具合。
ここからは無理せずに維持します。

いま、埼玉県に住んでますが一年前までこの荒川沿いの東京に住んでいたので、全てが全て見知った道ばかり。
ただ赤羽まで行くことはロードバイクに乗ってたときじゃないとなかったので、ちょっと距離感覚がテキトーです。
あまり深く考えずに維持のみします。

15キロぐらいを過ぎると30キロ過ぎぐらいの猛烈な疲労感に襲われ始めます。ただまだこのペースはいける。
半分を過ぎるといつも感じる向かい風は感じない!とともにペースを維持することもできなくなってきました。懸命にではなく、最後まで走れるペースでということでだんだんペースが落ちてきました。
ただ自分の体と相談がうまくいったので2キロごとに5秒ずつ落ちる感じです。辛さはどんどん増してますが、考えればこれよりも辛いレースも数々ありました。そういった経験で走れる部分もあるかなと思いつつ、それでも辛い。

30キロまでは予定通りのジェルの配分を守ってきましたが、最後のジェルは取らないことにしました。スパートする力なんて微塵も残ってないし、なにより高いですから!この最後のジェル!

バナナとかおにぎりとかエイドにあったらとりあえず食べて走ります。歩くことはしませんでした。えらいね。じぶん

まだマラソンのタイムとしては早い部類にあったのか私設エイドのコーラをもらうことは出来ませんでした。欲しかったな、コーラ。

30キロ過ぎてからはさらにラップタイムは落ちてきて、辛かったですが、終わりまでの時間を予想できるのはいいところ。あと何分走ったら終わりって考えればなんてことはない。
30分切れるかななんて甘いこと考えたけど、やっぱり終わってみたらそんなに甘くなくて3時間33分。初マラソンのときとほぼ同じタイムだけど、不調でここまで走れたのはいいことと捉えましょう。うん、満足!



ゴール後はどの態勢でいようと足がつりそうになるので、色々態勢を変えつつ、みんなを待って赤羽で打ち上げ!今年も食べましたよ、まるますやのうな重。とっても美味しかったです。また一年後に食べたいな



にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村




この記事へのコメント