レース:楽しめ!第3回越後カントリートレイル その2

B05A958F-E4C7-491D-B69F-12E3EB388E70.jpeg

こんにちは、砂糖次郎です。
越後カントリートレイルの続きです。

楽しめ!第3回越後カントリートレイル その1
http://www.trailrunsugar.club/article/460080424.html


ほどなくスタート。最初の折り返しぐらいまでは前の方にいたほうがいいというアドバイスのもと前めにいます。余裕若干ありでキープします。招待選手の外国人女子のすぐ後ろらへん。この方もわざわざフランスから来てるなんてすごいです。ヤマナカさんも前に見えます。

コースはロード、林道、トレイルが均等になっているという感じ。靴は寿命間近なピュアグリッドですが、最適でしょう!

わざわざレースのために草を刈ってくれたのがわかるトレイルが多く大変走りやすい。
ただアップダウンが非常に細かく入る。しかも走れないこともない道がたくさん。
ほどなく林道に出て走りやすい道に出たなあと思ったらトップ選手が折り返してきた。そういう道なのね。
5キロ地点の法末集落が最初のエイド。水分はまったく減ってなかったのできゅうりだけをいただく、ぽりぽり食べながら走る。
天気は快晴。徐々に暑くなってきました。
と、ここでヤマナカさんを抜かす。
若干調子悪そう。


またトレイルへ。
砂利もなく、根っこも、ガレた足場でもない。ただ切れ落ちているところもあるので若干注意が必要。基本的に走れるというのがしばらく続いてこのレースの特徴が分かりました。
テクニックというよりとなにより求められるのが走力。思わず歩きたくなってしまうところが少ないということは走り続けないといけないということです。

望むところだ!
途中、30番ぐらいだよと言われて第2エイドの時水集落へ。湧き水があるとこらしく、まず水を飲む。これがまたうまい。そうめんと梅干し、きゅうりをいただく。これがそうめんに入ってたらいつも食べるそうめんの食べ方なのに。っとちょっと思う。

20DE04A7-3A70-4588-A34F-990AB8E404B1.jpeg
と、このエイドのそうめんは実は流しそうめんになってたらしく、いとうくんもこのレースに出てたのですが、ちゃんと写真に収めてました。

ここからしばらくロードなんですが、応援がすごい。普段ゼッケン番号が書かれているところには自分の下の名前が大きく書かれて、その下に小さくゼッケン番号と苗字が書いてあるんです。
だから「じろう!がんばれー」と声かけてもらえます。しかも選手の間隔が結構空いてるので応援独り占め感覚になれます。
これが嬉しくて足も進む進む。

ただトレイルに入るとこの間隔はそのまま自分との戦いになるんですよね。前後に誰もいない。だからペースを作るのは自分。ここで歩こうが走ろうが、決めるのは自分。これがトレイルランの良さでもあります。
事前にエイド2から3の間はきついと聞いていたので我慢。ここらへんから気温も上がり、急に上がって急に下がるトレイルが足にきます。いつもは1日かけて飲むジェルボトルも暑さで水分として普通に摂取。

39E73B74-03C5-4FEA-BEB9-ECDF3907E60F.jpeg
第3エイドに到着。もうロードが暑すぎる。
たっぷりスポーツドリンクを補給。きゅうりをもぐもぐ食べながら、ようかんを食べる。
すぐに出発。
林道、ロードを進んで、またトレイルへ。
あんまり走るのに集中していたので分からなかったんですが、途中、さっき通ったみちと交差するトレイルだったんですね。
ここらへんからもうバテはじめる。ただペースはそんなに変わらなかったんですが、颯爽とヤマナカさんに抜かされる。
どうやら復活したみたいですね。復活したヤマナカさんは小さくなって前にいっちゃいました。
頑張れるのはロードでもらえる応援があるから。
暑いのでかぶり水があるところは全部利用。それにしても私設エイドが充実してます。
大会側も色々協力しているんでしょうか。

第4エイドについてしっかり水分を補給。
いなりずしとか食べます。あとへぎそばあったかな。
中学生が元気よく対応してくれます。

3D393A3E-AE96-48E6-9369-1C878217C98A.jpeg
バンドなんかもありました。

ここらへんからもう結構つらくてつらくて、足はなんとか前に出るけど、速度は出ない。
トレイルに入るともっときつくなりました。
一息入れながらひとりぼっちの道を進みます。
結構きつかったですが、それでもロードに出ると応援もらえて元気になります
苦しい時間です。


16C8186B-6CBD-4F2E-9F28-9A371AE18602.jpeg
第5エイドにつきました。
コーラをたっぷり補充、お茶も飲んで、ご飯も食べて、すぐに出発。
疲れているけど、出発です。だって歩くことはできるから。
心はおれません!

最後のラスボス、八石山に向かいます。
標高は518m。走る前は高尾山ぐらいでしょと思っていましたが、これが道が急すぎる。
ロープが数多くあり、足が疲れていたので積極的に利用。
ただやっぱり辛かったので思わず10秒ぐらい足をとめて休憩しちゃう。
これを2,3度やると八石山の分岐にきます。山頂にいって、戻ってこないといけません。
さっきたっぷり補充した水分もかなりなくなってます。
足取り重く山頂に向かいます。戻ってくる人の足取りは軽そうで羨ましい。

山頂にようやく着くと、エイドがありました!
中学生が4日間かけてコーラ、アクエリアス、水を持ってきてくれたのです。しかも氷つき。
中学生は休んでいる間、団扇で風を送ってくれます。ありがたい。本当にありがたい。

これで元気をもらいました。
走れると思いました。
そのとおり、走れました。

そこから下山すると応援の声が本当にありがたくて、暑くてしょうがなかったんですが、最後まで走りきることが出来ました。
本当にありがとうございました。

4DDCB81F-BB0F-4BDC-A6F4-FBBA83267D01.jpeg
やったああああん!ゴール


ちなみに参加賞はお米とお菓子でした。
D79B1414-B109-41F5-ABCD-4FD527FC59C3.jpeg

お疲れさまでした。

8724204A-348A-45BF-9074-0A1E1F00B7AC.jpeg
ちなみに写真をあんまり撮ってなかったのでイトウくんからもらいました。ありがとう


にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村





この記事へのコメント