試走:上州武尊山スカイビュートレイル120試走 その1

03DC3733-15DB-4744-B8D8-EB0DB6335568.jpeg


【はじめに】


こんにちは、砂糖次郎です。
連休はひとり上州武尊山スカイビュートレイル120の試走にいってきました。
計画はこちら


試走:上州武尊山スカイビュートレイル120試走計画
http://www.trailrunsugar.club/article/460521942.html

【現地まで】


自分は埼玉県に住んでいますので、沼田駅までは3時間かからないぐらい。結構アクセスはいいですが、暇です。
寝れたらいいんですけど、自分は電車でそんなに寝ないです。寝れない。
だから携帯をいじってたんですが、自分は携帯ゲームもしないので、昔買った本を自炊して入れたのがたくさんありますので、それを読んでました。

BC0B9528-BBE6-43E7-9C13-3A6E69424464.jpeg
沼田駅に着くと4番乗り場の川場循環というところに乗ります。
40分ぐらい乗って学校前というところで降りて、グーグルマップで川場中央公園を探してアクセス
役場とかがいっぱい集まっているところなんですね。中央公園といいつつ、広場みたいなところです。

ちなみに循環バスはどっち周りかで料金が違うと思います。




【川場村中央公園ーA1・川場スキー場】



B6A5FA5A-7FAD-4F92-A437-8A0988E1D139.jpeg
よく分からない道は「山と高原地図」にGPXデータを入れて辿るのが確実なんですが、対応していない地域もあるので、ここらへんは「FieldAccess2」にGPXを入れて対応。こちらならば地図があるところならどこでも。事前ダウンロードしていれば機内モードでも使えますので、おすすめです。

それで道なんですが、かなり分からない。
最初はコンクリート林道で始まるんですが、下草は伸び放題。コンクリートも終わり、砂利道から土道になっていくと本当に分からない。
自分は道を見つけるのは比較的得意なんですが、それでも道だと思っていると途切れる。
何度も「FieldAccess2」を起動して道を間違えていないか確認しながら。
それでも間違えてしまって西の尾根道に乗るはずが窪地に出てしまって、無理やり登り返しました。
そのせいでヒルに血を吸われちゃいました。

はじめてヒルに吸われたんで、かなり気持ち悪かったです。
尾根道は比較的下草が生えていなかったんで、走れますが、太陽が当たるところになると伸び放題で、足をかなり切ってしまいました。
そしてまたヒルに血を吸われる。

途中、誤ってコンクリート林道に出てしまったんですが、ちょっとこのまま進むことにしました。
あまりに道が悪すぎる。大会までには整備されると思いますが、ちょっとこのまま試走する気になりませんでした。

C1AFD1D3-7167-4A3A-9A91-800D83AB8F24.jpeg
このまま21世紀の森へ

ゆるい上り坂です。舗装されているし、大会なら走ったり歩いたりできそうです。
この時はファストパッキングスタイルだったので、重く。歩き一辺倒でした。
ちなみに水道とトイレがあります。







【A1・川場スキー場ー A2・宝台樹スキー場エイドステーション (※実際はキャンプ場まで)】



ここからまた登山道へ。
で、道を案の定間違えました。
平行に続く林道二つがあって、右が正解ですね。ちょっと分かりづらいので試走のときはGPSを見ながらのほうがいいです。
急な下りから始まり、またもやあんまり手入れされていない道を突っ切る。足は傷つく。。。。
標高はあるはずなのに、かなり暑くやられちゃいます。
それでも登山道としてはちょっとだけ、すぐに林道に出て下ったら、コンクリート林道。
ここも登り一辺倒で暑さがひどいですが、頑張って歩く。

途中、昨日尾瀬にいってきたというおっちゃんと雑談をしながら武尊高原川場キャンプ場らへんに。ここの標高は1130m
ここはサバイバルゲームできるよみたいな案内がある道を行くのが正解です。
もう下山してくる人とすれ違いつつ、登山道の入り口へ。

787097B2-0A3C-426B-80EB-0490CC990F07.jpeg
自販機があったので、思わず買ってしまいました。とってもおいしい。

道はシングルトラックで先程までのまったく手入れされていない道に比べたらものすごい歩きやすい。
ただ先程の登山道入り口から900mぐらい登るので、かなりやられます。
道はいいとは言いましたが、他のメジャーな登山道に比べるとそこまでではないです。
西峰あたりでようやく森林限界を抜けた感じでしょうか。稜線が見えるようになり、風が吹いてるかなと思いきやまったく吹いてない。
やっと剣ヶ峰山について、ちょうどすれ違った人とお互いに写真をパチリ。

A3954BC0-28D2-44B8-B4AA-73FB8E88BF90.jpeg
今度は下りです。
スタートからずっとポールを使ってきましたが、ここはクライミングの要素があるような道の悪さなんでポールは邪魔になります。
宝台樹キャンプ場ぐらいまではポールはしまいます。
慎重に降りるんで、全然速度あがらないわ。やばいわと思ってましたが、一般登山者はもっと時間かかっているみたいでした。
途中、親子連れのグループにあと下までどれぐらいで着きますか?と質問されたぐらいですから。
自分も正確には分かっていなかったのでGPSで見ると水場近くだったので、歩いて2時間ぐらいと回答しました。
だから自分の足だと40分ぐらいかな。内心計算だけして、先を急ぎます。
一応、関門の時間を目安に今日の行動計画をしているんで、一応急ぐんです。

水場のある川あたりから勾配はゆるやかになり、走れるようになったため、キャンプ場まで走りました。
関門はスキー場なんで、ここから2キロぐらいありますが、キャンプ場までで7時間かかりました。
スキー場の関門は7時間半。
今回の試走のタイムだけ見るとぎりぎりですが、重量が9kgほどのファストパッキングスタイル。猛暑、手入れされていない道。地図読みしながらなどの条件を考えると1時間はたぶん詰められると思います。

試走ポイントとしてはやっぱり登山道らへんは試走しといたほうがいいです。
あそこらへんを初見でうまく通過できるのはかなり登山寄りの練習をしている人だと思いますから


【宿泊:宝台樹キャンプ場】


宝台樹スキー場のほうにいくのはパス。
そういえば昔ここの山にきたときにこのゲレンデは無駄に上り下りしたんでした・・・・。
ゲレンデなのでそこまで特徴がないです。えぐい上り下りって感じですね。
走るときは登りも下りもポールを使って足を温存していきたいですね。

それで、泊ったのは宝台樹キャンプ場。ひとりあたり利用料が410円とテント持ち込みだと1100円だっけかな。
テント場としては割安ですが山のサイトに比べると高いですよね。
ただその分、地面はふかふかですし、お風呂も500円である。洗濯機、乾燥機もあります。
コーラを2本、アクエリアスを1本買って、グミも買っておきました。補給食用ですね。あとアイス食べた。おいしい!

走り終わったあとはあまりものを考えられないんですが、とりあえずアミノバイタルを飲みます。
それでテントを張ります。コツは子供がいるところからは遠く。
で、着替えたいんですが、先にお風呂入りました。道が悪いところで足はズダボロだったので、沁みました。

ファストパッキングスタイルといえばカレーとアルファ米、鯖缶です。
正直重いんですが、1泊目はこれで安定です。2泊以上になるともっとご飯は質素になりますから。

それで20時ぐらいになったので寝ようとしたんですが、まーうるさい。
このためにイヤホンもってきているんですが、うるさい。
最初はウトウトしたりして、なんとか眠れました。今度からは人がいないところに張ります。。。。

一日目はこれで終了。二日目は深夜1時半から始まります。

20180715.jpg

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村







この記事へのコメント

  • kazu

    コースのコンディションがイマイチで大変でしたね。本番1ヶ月前ぐらいに行けばちょっとは整備も進みマシになるのかな⁉️
    2018年07月20日 19:54
  • 砂糖次郎

    kazuさん

    そうですね。ちょっと厳しいですね。
    ロングレースで厳しいから構えていた部分があるんですが、ちょっとどうしようもないですね。武尊は普通に登山なんで慎重にいきたいですね

    >kazuさん
    >
    >コースのコンディションがイマイチで大変でしたね。本番1ヶ月前ぐらいに行けばちょっとは整備も進みマシになるのかな⁉️
    2018年07月22日 05:57