練習:飯能ポールウォーキング

C170F0E7-85C0-49E9-AA61-F2120D1131D9.jpeg

こんにちは、砂糖次郎です。
先日のお休みは一日はポールウォーキングに費やしました。
どこまで行こうか悩みに悩んで。飯能に。

と、いうのもやっぱりランできないのに山にいくというのは余程の理由がないと行きたくないという気持ちがあり、
山は走れなくても歩けるよねだけでは中々、魅力は減ってしまったなあと思うわけです。
昔、いっぱい行っていたから尚更思うのかもしれません。

しかしポールウォーキングの練習という位置づけならば。そして家から1時間ちょっとぐらいでいける飯能なら平気ということで、飯能を選択。
足の状態はロードだと確実に走れないものの、山ならばクッションが効いて具合を確かめられるだろう。という考えがありました。
飯能についたのは10時
起きたのは、かなり早い時間でいつもならすぐに出発するんですが、うだうだしていたらそんな時間になってしまいました。


正規ルートでまずは天覧山に登ります。
いつもは脇から登っていたからちょっと新鮮です。ちょっと暗い空模様であり、登山者はそんなに多くない模様。天覧山から始まる飯能アルプスを繋いで、さわらびの湯まで行こうと思っていたのが当初の計画ルートでした。
天覧山の次は多峯主山へ。次は一回降りて久須美坂へ。
踏み跡が結構切れてて、全然よくわかりません。途中で間違えて横手の方面に下山してしまったんですが、登り返す気力もないし、このまま宮沢湖の温泉に向けてルート変更しました。

足の状態ですが、平坦なトレイルなら数十メートルぐらい軽く走れますが、やっぱり痛いです。
何度か試しましたが、レースでもないし、積極的に歩くのもやめておきました。
やっぱり踏み込みが深いとその分足にはダメージありましたので。

日和田山の登り始めのベンチで買っておいたお弁当を食べます。
外で食べる弁当って本当においしいですよね。
麓のセブンイレブンでアイスも食べて、これまたうまい。
冷たいのはいくらでもいけるね。

ここからは新ルート。自分でも通ったことがないルートがまだあるんですよね。
巾着田を抜けて、高麗峠、奥武蔵自然歩道から宮沢湖にいきます。
巾着田は川遊びする家族連れがめちゃくちゃ多くて、こういう土地だったんだというのを初めて知ります。奥武蔵の山に登るようなって10年以上経ちますが、新たな発見ですよね。駐車場に入れない車が長い渋滞を作ってました。

62150C71-736B-423D-928F-0BA421EBC41D.jpeg
ドレミファ橋というところからトレイルへ。
この道は踏み跡は明瞭なんですが、全然人に会わない。

C170F0E7-85C0-49E9-AA61-F2120D1131D9.jpeg
傍らにはゴルフコースがあり、金網のトンネルがめずらしいです。
本当ならここらへん気持ちよく走れるようなトレイルで、うっかり走ったりもしましたが、やっぱり続かない。
でもちょっと走るだけでも楽しかったな。


宮沢湖に近づくとかなり陽気な音楽が流れています。
そう、ムーミンバレーパークは宮沢湖のほとりにあり、下半分はムーミンバレーパークの敷地なんです。
自分もムーミン谷には入ったことあります。イマイチでしたがw


そのまま敷地を抜けて隣接する温泉に入りゴール。


なかなかまだ走るのが難しいなということが分かったという一面と、確実によくはなっているという手ごたえを感じることができました。
ただしばらくはなしかなーって感じです。









にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村


この記事へのコメント