レース:美ヶ原トレイルランが中止に。。。色々考えてみる

4CB38AEC-C09C-47F8-AFAD-2B383865323A.jpeg

【はじめに】


こんばんは、砂糖次郎です。
10/16に予定していた美ヶ原トレイルランが中止になっちゃいました。。。
首都圏でのコロナ感染者および全国的にコロナ感染者が減り、緊急事態宣言も解除されましたが、開催中止になりました。
色々考えていきたいと思います。


【中止について】



大会中止のリリースを見てみましょう。抜粋です。

 令和3年10月16日に予定しておりました「第11回美ヶ原トレイルラン」は、新型コロナウイルス感染状況は全国的に改善が見られるものの、長和町内では先週頃から断続的に陽性者が発生している状況から、昨日9月30日に最終判断をする運営委員会で検討し、本日の臨時実行委員会にて、大会の開催を中止することを決定いたしました。

 このコロナ禍において、実行委員会として何とか皆様を迎え入れられるよう、参加者皆様にもご理解、ご協力いただき安全な大会を迎えられるように感染リスク対策に関して、日々準備を重ねてまいりました。
 9月後半から長和町でも新型コロナウイルス感染症の状況が悪化傾向にあり、人口5,800名の町では、1名の陽性者が出るたびに住民の不安が高まり、町のイベント・行事のほとんどが中止又は延期の判断をする状況を受け、実行委員会として断腸の思いではありますが大会の中止を決定いたしました。



さらに事前に案内されていた大会開催可否についても見ていきましょう。こちらも抜粋です

大会の開催可否の判断については下記の場合、実行委員会で協議の上、判断します。
大会15日前の時点で
・緊急事態宣言が関東および中部、関西の主要都府県に発令されている場合。
・長野県内に「特別警報」が発令されている場合。
・地元地域の受け入れが困難と判断された場合。

また、緊急事態宣言が発令された地域のからの参加をお断りする場合もあります。
お申し込みの際はあらかじめご了承の上お手続きいただきますようお願い致します。



https://utsukushigahara-trail.jp/


【考えてみる】



コロナが収束に向かっていると思いきや、この判断。
なにを思って中止にしたのか。またコロナ禍にも関わらず開催される大会があるのか。
当事者、状況などを色々考えていきながら今後のランナー目線での大会との関わりあい方を考えていきたいと思います。


基本的に走るランナーも、開催する団体も、また走る場を提供する自治体もすべて走りたい。開催したいという思いはあるはずです。
その中でコロナの状況が芳しくないばかりに団体もしくは自治体が中止を判断すると思います。
走りたいランナーはこの状況なら「開催できる」と思いますが、自治体や団体は「開催できない」と思うところに齟齬があるため、もやもやするんだと思います。

齟齬についてですが、そこにあるのは明確な基準ではなくて空気感なんだと思います。
開催2週間前に1カ月の平均感染者数が一定の数値になったら開催という書き方ではなく、曖昧な書き方になっているのはそこにあるのは空気感がすべてという証左じゃないのかなと思っています。
コロナはインフルエンザみたいなもので天然痘のように撲滅は不可能だと思っていますが、中止のメッセージを読む限り、大会の直前でひとりでも出たらその年は開催されないということになると推測できます。それは本当に現実的でしょうか?だから開催の可否は感染者の数は影響するでしょうが、空気感がほぼ全てじゃないのかなと思う理由です。


自分はかなり人とずれているので、なんとも言えないですが世間的にはまだコロナは収束していないし、マラソンみたいな行事なんてありえないというのが世間的な空気なんでしょう。悲しいですがそれは受け入れないといけませんね。


じゃあ大会に出て、完走あるいはいい記録を出すということを目標にしていたランナーはどうしたらいいのかを考えてみます。
というか自分のことです。自分はどうすればいいのかなということを整理したいと思います。


大会には出たいです。
コロナ禍の前のようなペースでは無理だろうけど、出たいです。
勿論、出たい大会には中止してほしくないです。
それは開催したいという情熱がある団体や自治体を選ぶことが必要になると思っています。

中止です。どうしようもありませんって何回もなったら次回も開催されないんだろうなって思うのが普通だと思います。
中止になっても開催まで頑張った痕跡が見える文章やランナーとのやり取りが残っていると、来年はないかもしれないけど、信じてエントリーしてみようと思います。
勿論、開催されるのが一番です。
そこの見極めがこれから必要になってくるのかなって思います。

あとは小さいレース。それこそ草レースにあたるようなものや、小さいイベントに出るのもいいですよね。
自分がケガする前に出た「Mitsuike Park Loop Challenge」みたいのってとてもいいイベントだったなって思います。


そんな感じで今後とも頑張った成果を発揮できる場所にはいたいと思います!

おわり!









にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村







この記事へのコメント