トレイルラン:岩手山トレラン、百名山の旅

FB481088-638C-4A07-AC11-15CBAB0F3795.png


【はじめに】


こんにちは、砂糖次郎です。
本来の夏休みが取れずに、今しがた夏休みを取っていた昨今、岩手にいってました。
目的はやっぱり百名山。去年からコロナ禍ということもあり山小屋の利用が若干めんどくさいので、別のやり方で旅行ランするようになりました。

特に今年は色々いっております。

【はやぶさというとんでもないモンスター】


本当は熊本あたりの百名山も考えていたんですが、直前すぎて手配が難しかったので、新幹線でいける東北にしました。
それで今回、はやぶさで行くことにしたんですがこれがめちゃくちゃ速い。
大宮からだと2時間程度で盛岡につきます。ありえないほど速くてびっくりしました。

9時には盛岡について、そのままレンタカーを借りて岩手山へ。

すべてが順調通り。途中コンビニでお昼ご飯買う予定だったのですがいいところになく、そのまま着いてしまいました。


【天気わるめな岩手山】



岩手山は岩手の象徴の山ですよね。なんか岩手に関する本を読んでもよく出てきます。
最近だと壬生義士伝読んでるときに出てきました。それほど岩手の人々にとっての当たり前の光景なんですよね。
登りはじめは馬返しから。

足の調査はぼちぼちで一部走って登ることもできます。ただ岩手山は火山で道も濡れているためあんまり足場がよくないです。
早々に走って登るのはやめて、早歩きで登ります。
平日にも関わらず岩手山にはそれなりの人がいて、本当に愛されている山なんだなということがわかります。
天気は曇りでしたが、中腹ぐらいで雨がふってきました。
ただ山の中にいるので、気になりません。むしろ汗が垂れてくるのでカッパなんか来たら蒸れ群れになっちゃいますので、そのままで進みます。

あ、ちなみになんですがさすがに秋の東北ということもあり、半袖短パンはやめてタイツぐらい履くようにしました。


岩手山の馬返しからはじまるコースは旧道と新道に分かれているんですが、登りは新道でいきました。
案内板も多く、7号目までは問題なし。
7号目から稜線に出たので、若干寒さをかんじました。でもあまり早く上着を羽織ったり、多くを羽織ったりすると逆に暑くなるので見極めが大事ですよね。

57E1DAE9-B495-4018-9498-0DC21FB81E62.jpeg
8号目にはめちゃくちゃ綺麗な避難小屋があります。
中には入りませんでしたが、シーズンのときは管理人がいるようです。流石に稜線は風が強いのでウインドブレーカーを羽織り、手袋装備しました。
ちなみにガスがひどくて全く展望はなかったです。

岩手山のお鉢巡りのところまできました。
まったく見えません。

4FA17441-0FEB-48DC-B73B-1A8FBB7EBA3E.jpeg
その中でも、神社にいったりしました。岩手山神社奥宮です。

35235277-922C-4398-866F-A9CFA569EA54.jpeg
山頂到着!誰もいなかったので砂糖さんの写真はなし!
若干晴れ間が除いて、真上は晴れていたりもしましたが、基本ガス!何も見えない。
最初の予定だと御釜湖のほうを見にいこうかなとも思いましたが、どうせ何も見えないだろうし。素直に下山することにしました。
あ、お鉢巡り中は走っていたんですぐに終わっちゃいましたたね。

下山路は旧道を選択。これが旧道なだけあってあんまり歩きやすくないですね。
滑りやすくもあり、何回かお尻を打ちました。

36880808-52C5-4C36-9706-4E92A48E9A3A.jpeg
いつの間にか新道に入ったりしたんで、旧道、新道入り乱れて下山しました。
下がっていくにしたがって晴れていく天気だったので、盛岡の様子はよく見えます。

FB481088-638C-4A07-AC11-15CBAB0F3795.png
たのしかったー!










にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

この記事へのコメント