レース:駆け上れ!第19回富士山往復マラニック(ゼロ富士)その2

B04CD861-97D3-41D0-9D2D-C13DB52B2F0C.jpeg

【はじめに】



こんにちは、砂糖次郎です。
先日走ったゼロ富士の模様のパート2です。

前回はこちら

レース:駆け上れ!第19回富士山往復マラニック(ゼロ富士)その1
http://www.trailrunsugar.club/article/490324909.html?1659606557


【富士宮口5合目 - 富士山山頂】



やっと登山道です。
これまでトレランシューズでいい感じに走ってきたのもひとえにこの登山道があるから。
酸素の薄さはまったく感じないですが、若干寒いかも

5合目についたものの、期待していた給水エイドはなかったので背中のスポドリを前ボトルに移します。
ウインドブレーカー、手袋も付けたら準備万端!

いざ、ゆかん。

と、6合目につくか着かないかぐらいで勢いこんで着た衣類がとても暑い。
手袋をとりあえず外して、ウインドブレーカーの前ははだけて登ることにしました。

6合目の看板には山頂まで3時間の文字がありました。
ということは自動計算すると2時間で着くってことですね。

富士山は富士宮口からしか登ったことがないですが、足元は結構滑るポイントがあるので、出来るだけ滑りづらいところを選んで足を置きます。走れはしないですが、スタスタ登ることができます。
時間的にもちょうど日の出を見たい人たちが外に出始めて歩き始めた感じ。
ちょっと脇を失礼しつつ、継続して前に進みます。


8合目過ぎたあたりでしょうか。
速い人が折り返してきます。
あまりにも早い。。。これは追いつけるだろうかという若干の不安がありました。


そのまま、なんのハイライトもなく山頂へ!
剣ヶ峰には登頂したことがなかったので、行きます。
これがやたらツルツル滑る!


5DB0EA9E-3AEA-4259-A083-85507D204AC4.jpeg

この画像を公開したら、後日、何人にも「寒くないの?」と驚かれました。
寒いもんなんかな。

229D1936-5A46-4DF5-BE62-F5544B6CEED0.jpeg
海岸から持ってきた少しだけの砂も撒きます。


【富士山山頂 - 田子の浦みなと公園】



山頂についたのは3:35でした。
スタートしてから9時間55分が経っていました。

さあ帰るぞ!って感じなんですがルートを選べまして、推奨は宝永山ルートからの富士宮口なんですが、時間が時間ですし、富士宮ルートで戻ることにしました。

これから登ってくる登山者や選手と挨拶を交わしながら下山します。
狙い通り、日の出の時間を狙った登山者は一定の人数しかいなく8合目ぐらいを過ぎるころにはかなりのすき具合でした。

B04CD861-97D3-41D0-9D2D-C13DB52B2F0C.jpeg
雲海も見えていい感じ。

5CE0E545-47C7-412D-9806-A890CC9A7354.jpeg
日の出も5時台には見ることができました。
このときのためにサングラスも持ってきておいてよかった!

5合目つくと鳥がチュンチュン鳴くころ。絶妙に涼しい気候でいつまでも居たいなって思いますが、暑い下界に行かなければいけません。

そしてこのロードが辛い。
腹が痛くて、何人かに抜かれちゃいます。
それでもペースはキロ6分20秒ぐらい。足は大丈夫なんですが、ペースを上げると横腹が痛い。
10kmぐらい走ったあとでザックの紐を緩めて、ベスパハイパーを摂ると、なんとなく和らいだ感じになりました。


旧料金所を過ぎると、私設エイドが!!

これはめちゃくちゃ嬉しかったです。
ソリティライチ、水をボトルに詰めて、栄養ドリンクをいただきます。
うまい。さらにもう甘い補給食はいらないっていう時間帯だったので、しょっぱいお煎餅がこれまたうまい。

まだまだ暑くなる時間ですが、公式エイドももう少しであるので、元気いっぱい出発することができました。


DCED9344-2A7A-400A-8A04-102FC0F66652.jpeg
西臼塚駐車場に戻ってきました。
到着時間を書いて、ドリンクを補給。

色々作ってくれるエイドの方々に感謝しつつ、食事を楽しみます。

卵雑炊、ウインナー、オレンジジュース、きゅうり。

さっきまで痛かった横腹はどこにいったのか元気いっぱい!
でも、そんなにペースを上げると違う理由で気持ち悪くなってしまうので、相変わらずのキロ6分から6分半

スカイラインがまだまだ長い。。。
いつまで続くんだと思って、時たま地図を確認して、つづら折りのカーブの数を数えたりします。


今の気持ちは下界に降りたときのコーラ!
それを目標に進めます。


2B1D1597-CAE8-4DB2-B25F-4B84929CE764.jpeg

そしてついに自販機がある人里へ!

しかもランナー応援の意味でシャワーを使っていいとありましたので、頭からかぶりました。
ありがとうございます。

道中、一緒になった兵庫県のランナーとは一旦お別れ。


コーラはうまかったですが、弱ってきた胃は全部取ることが出来なかったですね。


人里出ても、傾斜は変わらず下り。
今度の目標はホスピタリティ抜群のセブンイレブン。浅間神社ぐらいまで降りれたらいいはず

ここで鏡に映る自分のフォームを確認すると、なんだかかなり慎重に足を置いているフォーム。
「いや、まだまだあるようなフォームの走り方しているけど、終わりは見えているよ?」と自分に言い聞かせて、スピードアップ!

急激に上がる気温をものともせず、セブンイレブンにピットインしました。


ここで買うのは水2リットルとゼリー系飲料2つ
もう固形で水分を取られたくないので、素早く補給。
水はこれからのロードで頭から被るためです。それぐらい厳しいロードの旅です。

浅間神社に着くと曲がって10km。緩い下り。
先の選手とずっと歩を同じくする形で進みました。
これがまた走ると、ちょうどいい感じで信号が青になるw
まったく止まらない!

ちょっと休みたいかもなんて思っても、信号の感じでまったく止まれないです。


あと何キロか分からなかったんですが、うまくいけば18時間切れるかもなんて思いがありました。


ただ富士ICのところで曲がって、田子の浦の港まで5kmという看板を見たときに「絶対に間に合わないじゃん」という軽い絶望がありました。途中の交差点で水が切れそうだから自販機でお茶買いました。めちゃくちゃおいしかったです。

18時間切りは出来ないものの、足は動くのでそのまま走り切ってゴール!


D8940441-7663-4FF9-8311-54C52D5DAE9B.jpeg
ちょうど、お昼の鐘が鳴る12時ジャストでゴールできました。


F00D94C1-069C-4E10-B795-794D744B5747.jpeg
この日の海がまた綺麗だったなー!


ちょっと駆け足になってしまいましたが、この記事で振り返る記事は終わり!
なかなか頑張って走ったタイムは18時間20分でした。
日々、練習した成果がうまくはまったかもって思いました。


【追記】



ゼロ富士からメールが来て、今回の完走率は35%だったそうです。また一番速い方は18時間13分。自分と7分違いだったのでもう少し頑張れば・・・って思いましたが、楽しかったのでヨシです










にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック