調査:発汗量を調べる!

215C3299-73A5-433D-A99F-F38023E56254.jpeg


【はじめに】



こんにちは、砂糖次郎です。
毎日暑い日が続いていますね。

そんなある日、そうだ、発汗量を調べようと思いたちました。


【発汗量の調べ方】



計り方は簡単。

・起きてすぐの体重を計る
・最低1時間走る
・走り終わったときの体重を計る

途中で水分を摂取したなら、そこらへんも計算に入れましょうね。


【自分の発汗量】



22B607B4-9E31-4D15-8D80-45C8C409F507.png

こちらのログにあるとおり、自分は1時間当たり1.1リットルの汗をかくみたいです。
気温はスントのログによると27°なので暑ければもっと発汗量は多くなるし、涼しければ発汗量は少なくなりますね。
また気温だけでなく、強度によっても違ってくると思います。

違う日にも1時間走って計ったときもだいたい1時間当たり1.0リットルから1.1リットルかいていました。


C6792485-38D0-4A8C-8012-1651AD6A3728.png

ロードバイク練習でも計ってみました。
こちらは1時間当たり0.5リットル。
ランニングよりかは汗をかかないのは風を感じるから涼しいのもありますね。


【摂取水分について】



1時間に1リットル汗をかくからといって、水分をぐびぐび飲んでいいというわけではありませんね。
ベスパ斎藤さんの記事によると人間の耐えられる摂取水分量というのは1時間あたり1リットルから1.5リットルだそうで、状況によりけりなんだそうです。
また水分を多く摂りすぎて塩分を摂らないと、低ナトリウム血症というのになってしまい、最悪の場合、命の危険があるんだそうです。

なので、水分ともに塩分も摂っているかというのは非常に重要になってきますね。




塩分に関しては自分はこちらのエブリサポートを1時間から2時間に一個、直接口に含んで、そのあとに水分を摂るというビルダー飲みをしています。

ちょっと5個パックは今は品切れですが、50個で3000円ぐらいで取り扱いしていたので、1個あたり60円というコスパの良さも素晴らしいです。
ウルトラマラソンで有名なランニングショップHolosの小谷が紹介していたので、参考にさせていただきました。










にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック