レース:進むんだ!第3回東京グレートレース250km その3

A8CFCB1B-E5F3-4B96-AD8B-8660AFE62EF4.jpeg

【はじめに】



こんにちは、砂糖次郎です。
東京グレートレース250kmのレースレポの続きです。

仕事が忙しいせいで、ブログも全然進まない。。


前回はこちらから

レース:進むんだ!第3回東京グレートレース250km その2
http://www.trailrunsugar.club/article/493683761.html?1668950075

【田村酒造場:44.5km:9位 - 神田川の源流看板:72km】



04route.png

おいしい肉うどんは量多めだったけど、とても美味しかった。
味が濃い目なのは汗をかいた体にとても良い感じ。
急ぐことはないんだけど、気持ちはまだまだ焦ったりして、手早く食べて、再出発。。。
の前に、水だけ補給しました。酒を造るときの水らしくておいしいらしいです。

スライド区間では、すがぽんさんともハイタッチすることが出来て元気もらいました。
ちょっと暑かったので、水道で頭から水を浴びるけど、ちょっと冷たい。。
日差しはあるのはいいことだけど、なくなったら寒くなるってことだなって軽く心の準備をしました。

先に書いた通り、ここらへんから50時間の人をパスするケースが多くなり、今まで孤独なラン模様だったのが人がいることによってちょっと元気になりました。

ただそんなウキウキ気分も拝島駅を過ぎて、玉川上水の脇を走るコースに接続しました。
接続したはいいんですが、これがめちゃくちゃ長い。
最初はちょこちょこ不安なので、地図をチェックしたりしてましたが、地図の縮尺に対して自身が全然進んでいないことに気づいてからは無心で走るばかり。

しかもこの玉川上水の両脇に道があって、最初はGPXどおりに進んでいたんですが、片方が走りづらい道なこともあったり、左岸と右岸を厳密に走っている人がいないのではということに気づいてからは走りやすいところを走るようにしました。
特にこの遊歩道は整備されているのやらされていないのやら、道が変に隆起して足を引っかけるような部分が多かったので、綺麗なロードを走るようにしましたね。

ただそれに気づいたのも玉川上水駅を過ぎてからのことで、速いペースの人についていくような形でしばらく走ってました。

05route.png

小平とか小金井とかなんとなく知っている土地名を過ぎたりします。
玉川上水沿いは学生がとにかく多くて、日常的に使われている風景がよかったですね。
普通にランニングしているような人もいて、ペースが合うときだけ心の目標にして走ってました。
それぐらい長かったよ!

途中のコンビニで色々買ったぐらいで、陽が沈んできたこともあってヘッドライトを装備。
夜パートがやってきちゃいました。
暗くなってからは出来るだけ、明るいところをベースに走るように心がけました。
ただそれでも所によっては暗いところがあって、結構、都心にきたかなと思いつつも郊外なんだなって思いました。

周りが明るくなって、人通りも急に増えたなって思ったら、そこは三鷹駅!
何回か来た事ありますね。
ただかなり昔の話なので、三鷹駅のキラキラがすごい大きな町に見えましたね。
ちょうど先行するランナーについていく形で、走っていると駅に入っていきます。

え。そこがルートなの?って思って自分も確認するとちゃんと駅を通過してました。
駅を通過しても走るのは玉川上水沿い。でも道は綺麗かも。

途中、公園にぶつかると、玉川上水をちょっと離れて公園に入ります。
そこは井の頭公園。ここも何回か行ったことありますが、結構広かったんだね。
多くの人が賑わう井の頭公園をひた走ると。先のランナーが写真を撮っています。自分も見てみると、そこはチェックポイントにもなっている神田川の源流の看板がありました。

ACDAE60B-DE42-425A-9F97-0C09D17B6443.jpeg

ここから神田川との闘いが始まったのです。




にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック