ペースの問題、トレランの場合

IMG_7143.jpeg

こんにちは、砂糖次郎です。
先日、ペースの問題という記事を書いてみましたがそれは前提にロードを走る場合という注釈を忘れていました。
ロードでいえばキロ何分という明確な指標があるんですが、トレランのケースで考えるとさらに難しいです。

一応登山地図にコースタイムがあるのでそのコースタイムに対して5割。6割ペースという計算をしておりますが、コースが登りもあり、下りもある不整地なので安定しません。
またそこに個々人の場面、場面での得意、不得意が出るのでまた読みづらいんですよね。

例えば自分は登りが得意なんで他の人よりペースが早いですが、歩くのが遅いです。ただ走力がそこそこあるのでジョグペースと思って走っていても、他の人よりペースが上回っているケースがあります。
なので、歩くのを多めにしちゃうと簡単に追いつかれてしまい、トレランなのにランしてないな時間が多くなります。

だからトレランのグループランってどうするのか正解なのかあんまり見えていません。

今の所、ペースが合わないのでジョグペースながら要所要所で引き返していき、仲間の最後尾までいって、また先頭にいくことをやっています。
でも、たぶん要所要所で待つっていうのが今の所のベターな気もします。




PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック