レース:走ってきたよ、第19回川の道フットレース その6 CP18-CP20

IMG_7931.jpeg

【はじめに】



こんにちは、砂糖次郎です。
川の道のレポートの続きです。
前回はCP14からCP18までの様子を書きました。


レース:走ってきたよ、第19回川の道フットレース その5 CP14-CP18
http://www.trailrunsugar.club/article/503285496.html?1715587704

【CP18 長野県飯山市 北陸新幹線/飯山線 飯山駅前 - CP19 新潟県津南町「旧三箇小学校」:394.2km:23位(83:07:06)】



IMG_7920.jpeg

飯山駅につきました。
飯山駅で寝ようと思っていたのですが、熱烈な応援の人がいて、しばらく談笑。
私設エイドの用意をこのあとするということなんですが、当然それには間に合わずに写真だけ撮ってもらいました。嬉しいです。
コヤマさんがこの後、どこかでご飯を食べるということなので自分は飯山駅の中にベンチがあるのでそこで仮眠。

15分だけタイマーをセットしたらスッキリ起きることが出来ました。相変わらず休憩の時はPRローション塗っているんですが、動き出しのときにそこまで固まったって感じがしないのもいいです。
しばらくはギクシャクするのはしょうがないですけどね。

map19.png

CP19までの道は飯山線沿いの国道117号をずっと北上し、新潟の津南市に入って、十日町市に入る直前にレストポイントの旧三箇小学校にアクセスできる道。
ここはハーフでも走ったことあるけども、距離も長く、旧三箇小学校まではおよそ45km。アップダウンも多く難所になります。
ハーフのときは夜中通過だったのですが、フルだと昼間通過するのがいいなと思いました。

まずは飯山の風情ある街並みを抜けて、長い直線に出ます。
日差しはあるんですが、風が冷たくて気持ちいいです。
先程、ちょっと寝たおかげでまた継続的に走れるようになりました。スピードは相変わらず亀ですが。。


IMG_7927.jpeg
しばらく走ると左手には綺麗な道の駅、千曲川というのがあり、大混雑でした。

IMG_7930.jpeg
その混雑の理由の一旦はおそらく右手に広がる一面の菜の花目当てなんじゃないでしょうか。
この菜の花は広範囲で見ているのが楽しかったです。

車のとおりも多かったので、飯山は長野県民にとっても人気なのかなと思っています。

ただこの飯山の中心地を離れて津南のほうに向かうほうはそんなに店がなかったと記憶しているので、セブンイレブンで大量に購入。
ちょうどおにぎりを2個買うとドリンクをくれるというキャンペーンもやっていたので、万全の装備で飯山市街を離れたのですが、心構えしていたとはいえ、アップダウンがつらい。


IMG_7931.jpeg

日本海まであと180kmという川の道戦士用の看板もありました。
そして暑い。

先程は風が冷たいなどいっていましたが、そんな風はどこにいったのやら山間の道には吹き込まず、太陽を真南に位置しているためか日陰がない様子でした。
それでも時間間隔がよく分からなくなってきておりましたので数時間進んだときに、こりゃあ無理だと思って、ネックゲイターとアームカバーと取り出しました。このまま装備するなら暑いですが、幸いにも山間部には多くの水が流れ込み、用水路に流れ込んでいます。
最初はその水を頭から被ったりしていただけなんですが、それだけでは物足りず、ネックゲイターとアームカバーを濡らし、濡れていないところはネックゲイターをタオル替わりにして水をかけ、涼をとる算段で進みました。

作戦は成功して、なんとか暑いときでもやっていけるかなと思ってんですが、今度は眠くなってきた。。。


IMG_7935.jpeg
3日目になると昼間でも眠くなるよというのはさっき会ったコヤマさんから聞いており、そういう場合はすぐに寝ちゃったほうがいいとアドバイス受けたのでなにかの会社の軒先で日陰になっている部分で再度15分寝ました。

道としての変化がなく、登ったり下ったりしていると、栄村の表示がありました。

この栄村に来た時に持っていた食料は食べつくしてしまって、どうしようというのがありました。
幸いにして国道沿いなので自販機ぐらいはあるだろうと探すと、自販機があったのでコーラを飲み、その後に個人商店みたいなところで柿ピーを買いました。
まだまだ選手が通る時間じゃなかったため、店主からはアレコレ聞かれ、最後に「がんばりなよ」と声援もいただきました。

ありがたい。
ありがたいが栄村はどこまで広がっているんだというぐらい出られない。

そんな心折れかけたとき、道の駅さかえが見えてきたのです。
地図を何度も確認したから分かる。もうすぐ栄村が終わるとき。
とりあえずもう営業時間が終わった道の駅でトイレだけ借りて、しばらく行くと新潟県の表示が!


IMG_7939.jpeg

最後の県に入ってきたという喜び。
そしてすぐ近くには久しぶりのコンビニということでカップそば食べました。
おいしかった。

致命的にも津南に入ってきたのでレストポイントまであとすぐと思っちゃうんですが、津南の外れにレストポイントあるんでまだまだあるんですよね。

それでも未だ続くアップダウンの道も前向きに進めるようになって、夕暮れ沿いの信濃川を堪能しました。
そう、新潟に入ると千曲川は信濃川になるんですね。

道をだんだん進むと、津南の市街地に近づき、連休ということもあり、旅館に泊まる家族連れや若者たちがいて、いいなと思いました。
市街地にはコンビニが多かったですがトイレだけ寄ってレストポイントに急ぎました。
それでもついたのは20時過ぎ。やっと着いた!

【CP19 新潟県津南町「旧三箇小学校」 - CP20 新潟県小千谷市 魚沼橋南詰:423.0km:20位(94:28:59)】



IMG_7954.jpeg

まだまだ速い時間帯だったせいか、歓迎ムードなんですがいち早くCP到着の報告とともにしないことがひとつありました。
それはバックライト。点滅しなくなって常時つきっぱになっていたバックライトですがついに壊れてしまいました。
その交換を借りれると聞いていたので、真っ先に交渉して明るいのを借りることが出来ました。

IMG_7955.jpeg
その後はまずご飯ということでご飯を食べます。
カレーとキノコ汁、生姜焼きを堪能。どれもうまい!

その後はすぐにシャワーに入れるということでシャワーに入り、充電しつつパッキング整理したら睡眠。
今度はなんとなく4時間半だなと思って就寝。またもところどころ起きちゃいましたが基本的にはぐっすり眠りました。
いつも寝る前はもうちょっと寝ようかなと思うんですが、起きてみると最初に考えた時間でちょうどいいなってなります。
起きたら再度荷物を整理してワセリン塗ったり、走る準備をします。

IMG_7956.jpeg
ラーメンも食べたら、再出発。時刻は2時半でした。だから6時間半滞在してた計算になります。。


map20.png

CP20までの道のりは津南を出て、十日町市、小千谷市に至る道です。
どんどん新潟に近づいていきますが、まだ山間の道が多く、アップダウンも多いです。

深夜出発だったので寒いかと思いましたが、動いている分はそんなに寒くなく、相変わらず登りは歩いて、平坦と下りは走れるというペースは変わらないです。

IMG_7959.jpeg
ちょうど前後して速いハーフのランナーに3人ぐらい抜かされましたが、その後は抜かされることはありませんでした。
ハーフの人でこれぐらいの時間に会う人はめちゃくちゃ速いので一言ぐらいしか挨拶できないですが、深夜の山道だと心強かったです。

しばらく走っていたら、どんどん空が白くなってきたと思ったら前からランナーがくるじゃないですか。

誰かと思ったら仲田光穂さんが逆走応援してくれてました。
とても嬉しい。
ちょうど同じタイミングで後ろからフルのサイトウさんという方が来たので、合流。
しばらくサイトウさんと先行したり、先行されたりの亀の競い合いをしてました。

視界に誰かいるだけでもいいですね。
ただお互いリズムは違うなって思っているので、無理に合わせたりしない感じがよかったです。
たぶん自分は一定のリズムをずっと続けるのが得意で、サイトウさんはメリハリ作って走るのが得意なんだなと思いました。

IMG_7964.jpeg
そのまま十日町の商店街でヘッドライトをしまうと、朝日が昇ってくる時間帯でした。

と、なるといつもは眠くなるんですが今回は起きた時間が良かったのか、眠くなることはありませんでした。
ただこのレース始まってから恒例のトイレに絶対いきたくなる法則は変わらずで、読めていたのでなんなく処理。


IMG_7965.jpeg
しばらく走っていると、色々着ていた服が暑くてしょうがなくなるぐらい一気に暑くなりました。
それを見て、サイトウさんも「なんだか走りにくいなと思っていたんだけど、そうか!脱げばいいのか!」と納得してくれてました。
なんだか単純なことに気づくっていいですよね。

このあと、恒例の朝ごはんとしてカップうどんをコンビニで食べましたが、サイトウさんは眠いからという理由でガリガリくんを食べてました。すごいな

十日町の市街地を抜けて、また山々した道に入っていったとき、後ろを振り返るといつの間にかサイトウさんがついてきていませんでした。
何時間か一緒にいられただけでも嬉しいです。

また一人旅になりましたが、しばらく走るとCPである魚沼橋につきました。





PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック